イオン銀行カードローンの在籍確認 職場に電話来る?会社にばれずにお金借りたい

 

キャッシングを利用する場合には様々な方法がありますが、基本的に消費者金融やカード会社そして銀行を通して利用することになります。

 

もし、イオンカードでキャッシングを利用する場合にはその審査条件を明確にしておく必要があります。まず、審査基準として必要になるのは年齢制限にあります。

 

年齢制限は20歳から64歳までとなっており、他のキャッシングとそれほど大きな違いがあるわけではありません。むしろ、平均的な年齢制限と言えるでしょう。

 

最近は、18歳から69歳位までと幅広くなっている傾向もありますので、今後イオンカードのほうも制限が変更される可能性も少なくありません。

 

続いて、返済能力に関してはとにかく返済能力が十分にあれば問題ないとしています。

 

つまり、これに関連して考えられる収入ですが特に制限はないと言って良いでしょう。

 

例えば、正社員でなくてもお金を借りることが十分可能になります。

 

アルバイトで、年収100万円程度しかないような場合でも借り入れすることは不可能ではありません。

 

比較的他のカードローンに比べると審査基準が緩くなっていますので、割と多くの人が審査に通りやすいと言えるかもしれません。

 

実際に、アルバイトや派遣社員としてパートタイマーの人でもお金を借りることができましたので、この点に関しては問題ないでしょう。

 

それよりも重要な問題になり得るのは過去の金銭的な信用になります。

 

イオンカードの場合は、いくら年齢制限に引っかからなくてもあるいは収入がしっかりあっても過去に債務整理をした場合や長期的な滞納をした場合には、審査に通る可能性は限りなく少なくなると言って良いでしょう。

 

もし、同じ会社からお金を借り入れして債務整理をした場合、半永久的に審査に通らないと考えて間違いありません。

 

これは、この後に説明する仕組みを見ていたがわかりますが金銭的信頼がないかどうかは信用保証会社の情報を見て判断するからです。

 

カードの申し込みをした場合には、審査期間がありその審査期間は信用情報会社にあります。

 

イオンの方で審査をする能力があれば良いですが実際にはそこまでがないことがほとんどですので、信用保証会社に審査をお願いします。

 

なぜわざわざ信用保証会社の審査をお願いするかと言えば、それだけ多くの情報を持っているからです。

 

もし、日本だけで判断すれば外で債務整理をしていた場合にその情報を見逃してしまうかもしれません。

 

ですが、情報信用会社にいる情報ならば他の金融機関の情報を手に入れることができるためそこに任せた方が安心なわけです。

 

信用保証会社は、過去5年間ないしは7年間にわたり債務整理をしたり長期的に滞納した場合の情報を所有しています。

 

この情報は、一般の人でもお金を払えば見ることができますのでもし過去に債務整理をしたようなことがあれば、審査を申し込む前にいちど自分でお金を払って確認しておくのも良いかもしれません。

 

実際にその情報を見たときに、実際に自分の情報を聞いていれば審査に通る可能性は非常に高くなります。

 

当然ながら他の条件を満たしていれば問題なく通るはずです。ですが、5年ないしは7年経過してもすぐに情報が消えないようなことがありますので注意しなければなりません。

 

この場合には、少し待ってから再び情報を閲覧し問題なければキャッシングの申し込みをしてみるのは良いです。

 

この点に関して問題なければ、在籍確認に移ります。

 

基本的に過去にイオンカードでお金を借りて債務整理をしてしまったにもかかわらず審査を受けようとしている人は、情報信用会社に問い合わせてをすることなく自社の所有している情報をみれば判断することができるでしょう。

 

この場合、債務整理をしている履歴があるならばその段階で審査に通さなければ良いだけです。

 

もし、債務整理なので問題がなければ、最後に在籍情報を確認して終了です。在籍情報とは、申し込みをした人が会社に在籍していることを確認するとこを意味しています。

 

わざわざ在籍確認をするようになったのは過去に会社名を任していた人がいたからです。

 

現在では、在籍確認をするときには、必ず会社に電話することになっていますので自分が勤めている会社に電話が来ると考えて間違いありません。

 

この時、キャッシングしていることがばれてしまう可能性はありますので、在籍確認を嫌がる人も少なくないです。

 

在籍確認を避けたい場合には、他の手段がありそうですが、普通は他の手段がありません。

 

審査を申込む以上は、必ず勤務している会社に電話することになりますのでこの点は覚悟しなければならないところでしょう。

 

では、実際にイオンカードを申し込むことがばれてしまうか問題ですが、審査する側は会社名を一切語らないためキャッシングを申し込むことはバレないはずです。

 

ただ、電話を受ける側が在籍確認の仕組みをよく理解している場合にはバレる可能性があります。その点は、覚悟しておくべきです。