・みずほ銀行の金利2.0ー14.0%
・最も安くキャッシングできる銀行。
・24時間申込み受付可能
・みずほ銀行キャッシュカードで利用可能
・WEBで申し込み、審査が完結。

 

 

 

みずほ銀行カードローンは審査厳しい?勤務先連絡なしでキャッシングしたい ばれずにお金借りる事はできない?

 

キャッシングをするなら大手銀行のカードローンを利用するのが安心だと考える人が多いのですが、メガバンクの場合には消費者金融に比べると審査が厳しいというイメージがあります。

 

ですから、審査に通過できる自信がない人はメガバンクを利用するのを躊躇うことがあり、みずほ銀行カードローンも例外ではなくやや通りにくいといわれています。

 

詳しく見ていくと、みずほ銀行カードローンは審査をオリエントコーポレーションが行なっていて、オリエントコーポレーションはクレジットカードの発行を主な業務としている信販会社です。

 

この信販会社といえばオリコカードですので、審査がオリコカードと同じなのではと思うかもしれませんが、基準が同じというわけではありません。

 

金利自体にも大きな差があり、オリコカードの方が大幅に金利が高くなります。こういった審査では金利が高い方が審査には通りやすくなりますので、オリコカードの方が甘いといえます。

 

みずほ銀行カードローンの審査を確認すると、これまで利用してきたクレジットカードやカードローンの経歴がチェックされ、遅延や債務整理の履歴が残っていると審査に通過できません。

 

また、携帯電話の料金を滞納している場合も非常に厳しくなります。

 

信用情報では他にも一ヶ月に複数社のローンを申し込んでいると厳しいので、申し込みを一気に行なうことは避けなければなりません。3社以上のローンを申し込むとNGになる可能性が高く、この状態を申し込みブラックと呼びます。

 

オリエントコーポレーションが審査を行なっているために、オリコカードの利用状況も影響を及ぼす恐れがありますので、オリコカードで金融事故を起こしていないことも重要な条件です。

 

基本的なチェック事項として本人確認があります。みずほ銀行カードローンでは年齢要件が20歳から65歳となっていて、本人に安定した収入があることが必須です。

 

また、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる人という条件もあります。

 

他に細かな項目がありますが、これらは上限額を決める際に用いられることが多いので、通過できるかどうかを左右するものではないという認識で大丈夫です。

 

細かな条件としては固定電話の有無や居住形態、居住年数、配偶者の産む、他社借入件数などであり、固定電話があって持ち家であり、結婚して子供がいるようなケースでは審査に有利になります。

 

ただし、独身で一人暮らしであっても審査に落とされるというわけではありません。

 

職業に関しては、安定性を重視するということで大企業の社員や公務員、勤続年数が長い人などが有利になります。

 

収入要件に関しては、最低でも200万円以上の年収があることが必要だとされています。

 

明確な条件として出されているものではありませんが、通過できている人たちの統計を取るとこれくらいの収入が必要です。

 

これより少ない年収の人はメガバンクでの借入が難しいので、消費者金融の方が利用しやすいといえます。

 

実際に通過できない人のケースを確認すると、他社からの借入が4件以上であったり、借入総額と年収のバランスが悪い人が多いようです。

 

みずほ銀行では最大で年収の半分程度までは融資を行なっていますが、最初からこの条件を希望額として設定していると返済が難しいのではないかと判断されてしまいます。

 

また、年収の低い人は他社借入などのマイナスポイントとなるようなことがある時点で厳しくなりますので、自分の状況を確認しながら申し込みをすることが大切です。

 

キャッシングをする時に気になるのが在籍確認です。

 

審査の最終段階で行なわれるものですので、ここまで来たらほぼ通過していると考えることができますが、会社に電話をかけられると困ると思っている人は少なくありません。

 

実はみずほ銀行では在籍確認が必ず行われるわけではなく、銀行側が不要と判断された場合には在籍確認なしで通過することが可能です。

 

ただし、判断するのはあくまでも銀行側ですので、申し込みをする側が希望して省略してもらえるものではありません。

 

確認方法は電話で行われ、申し込みをした人が席を外している時でも他の人が「外出中」とか「席を外している」と答えてくれればOKです。

 

これで在籍確認は終了しますので、かなり簡単な確認です。

 

かけてくる時の名前も個人名ですので、キャッシングをしていることが他の人に知られるようなことはありません。

 

この部分を心配する人がかなり多いのですが、銀行側もそれなりに配慮しているということです。

 

審査を行なうのは平日だけですので、土日の在籍確認はありません。

 

土日にその日程が当たっている時には翌営業日に持ち越しになって連絡が入ります。

 

消費者金融の場合には社名を出されると困ると考える人が多いです。

 

大手銀行なら名前を出してもらっても構わないという人も多いので、やはり心情的な面から考えてもメガバンクは利用しやすい方法です。